<< September/2012
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>
「巨泉の人生の選択」にであって、老後を人生のメインにできる男と女が やはり一番幸せである と。

今からすべき本当の準備とは何だろう

リタイア後の人生を成功させるには四つの条件が上げられています。

1 健康

2 妻(良きパートナー)

3 複数の趣味

4 それを支える経済的ゆとり

それさえあれば自分は幸せなのだという手ごたえのある人生送れるということ。

この4つをそろえるということは簡単なことのようでむずかしい。

その準備のためを今からはじめないと、、、、。

特に女性は良きパートナーになること

リタイア後の人生を”ご褒美”と感じられるほど生き生きと過ごしている夫婦はまさに二人だから叶う幸せを今謳歌していると言ってよい。

夫婦の価値観が一緒だからこそ、そこまで行動的になれて、今まさにメインの人生を送れているのですね。

このタイミングで、人生における同じ価値観を持てる夫婦はともかく二人でないと行けない所、

二人でないと成立しない人生があるのです、、、、、。



[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
近年日本人の寿命が延びに延びて100才以上の人口が5万人を超え秋田県内の100歳以上の方は487人との報道がありました。

そのうち上小阿仁村の100才以上の人が193人とのこと。

本県の高齢化率30パーセントを超えたのは驚きですね、、、、、。 

お米と漬物の秋田県も減塩運動が根付いたのか、病人をつくらないための運動も功を奏しているのでしょうか?

おいしい空気と新鮮な野菜が健康を維持してくれている感謝の毎日です。

年を取っても元気で仕事をしていられるのも、病気にならないことが何より大事。

魚(肉)を1 豆1 野菜と果物5 の割合で、あとは乳製品と卵で一日の栄養バランスを考えてと栄養士さんからのアドバイスです。



[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
さわやかな風を感じながら、、「歩く」って体の全部を動かして、頭と心にいい刺激を感じることで

足を動かしながら、体全体を動かしていることが、体や心にも良いことみたいです。

いにしえに思いをはせながら、清らかな空気を深く吸い、耳を澄ませて一歩一歩踏みしめる歩く旅で、心も体もイキイキ蘇るみたい

歩きながら、出会ういくつもの風景、小さな感動、、、、。

次第に心がほぐれてきて、心と身体が若返ったようです。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
  楽しく元気な人の習慣は

1 毎日 新聞の見出しを声を出して読む

2 毎日誰かと会話を楽しむ

3 毎日掃除をする

4 日記をつける

5 ハガキを出してみる 

6 毎日水をしっかり飲む

7 毎日散歩をする

8 大きな声で歌を口ずさむ

どなたでも時として物忘れが多くなったと嘆きますが、たった一つ忘れた方がいいことがあります。

それは年齢です。

歳をを忘れて日々元気で働き、笑い喜びましょう。

それが自分を元気にし続ける源泉となることとなるでしょう、、、、。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
ボケとは脳の老化という本に出会って、

「ボケるのは悪いことばかりでない」

ボケとは自分を守る手段でもある、、、と。

人間の脳は容量に限りがあるので、削除キーを上手に使うのが大人の特権でそれが、「忘れる」という機能で若い人は何でも覚えられるし、覚えていられる。

言い方を変えると、脳が未熟なこと。歳を重ねると忘れるという機能が存分に働きでして脳の各部の機能が衰えても


総合力で、不必要なものを消すという能力がはいるのです。

これが年の功という

嫌なことだけ忘れるための努力が必要で、消そうという意志を持たなければなりません。

脳が楽しいと感じないと人生楽しくないですね

未来が明るく楽しいものにするためには、マイナス記憶を捨てること。

元気で、長生きしている人を見ていると、共通しているのは どこか明るいところをもっていらしゃるんです。

楽しいことに遭遇するには外に出て、楽しいことを見つける方が簡単のようです。



[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
新着コメント
コメント
カテゴリー
コメント一覧
プロフィール
POWERED BY
RSS
コンテンツ内検索

  PAGETOP  BACK>