<< March/2011
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>
このたびの地震での悲しいニュースの中 女川原発の安全が確認されたことは国にとってうれしいことですね。

4^5年前女川原発を東北電力様のご協力で見学させてもらったことがあるだけに、あの施設の安全性や、働く人達の生活環境など 凄い警備力も世界に類が無い安全性を誇るものと思っていましたが、今回の発表で、本当に安心致しました。

その近くにある原発の体育館を津波で家を流された方達に避難所として解放してくれていると聞いて、万一に備えての、防備が徹底していることも罹災者の方達には有り難い事と思います。

災害は忘れた頃にやってきて、人類にその上の備えと、知恵を出すことを、、、、望んでいるのでしょうか?

これから、私達が出来る復興の手助けは、、、、、一人ひとりで出来ることに協力していきたいものです。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
悲しいニュースのがテレビや新聞を見ているだけで、寒さが募るのに、秋田は朝から、雪が降っております。

全国からお見舞い電話を頂いて、恐縮しております。

秋田県は奥羽山脈をはさんで日本海側で、このたびの地震は太平洋側の沿岸でおきたものです。


釜石や、石巻の家族の方達から、お話を伺うと、地獄絵そのものとしかいいようがないとのこと、、、、、。

給油も、少しずつ改善したようですので、一日でも早く、救援物資や、食べ物が、罹災された方達に届くように祈るだけです。





[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
東日本の地震の後で、営業を再開はしたものの、ガソリンスタンドに列する車の多さに、出勤時間がままなら無かったのですが、やっとガソリンや、石油の店頭売りにも慣れてきました。

物がなくなると、少しでも買いだめしようと言う気持ちになるのが、人間なのですね。

いままで、ご近所でも挨拶程度の方達とも、地震の事や、ゴミ出しの事などのコミニケーションもできたのも、共通の危機意識が,ご近所の絆も大切と言うことを教えてくれました。

そんな中、選挙の候補者が町内回りをしてましたが、人口が減っている中での、議員の数が多すぎると言う声が聞こえてきましたが、皆さんはどうお考えですか?



[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
今までの生活が、いかに贅沢で、恵まれすぎていたことを、、、、、。

電気、ガス、水道、石油等の資源の大切さが身にしみて、、、、あまりにも、贅沢な生活をしていたこと。

災害は忘れた頃にやってくるのですね。

災害地の人たちに世界からの、ボランテァの応援を見て、自分たちができることは?と、私達のローラリークラブでも各会員が、防寒衣料などを、市役所に待ちこんだのですが運送の手配や、被災地での受け渡しなど,早急に迅速にしていただきたいのに、被災地での配分の手不足なのか?寒さに体調を崩す人の多いのをテレビで見ては、とても、かわいそうでなりませんでした、、、、、、。

こんな時は民間の手助け隊の受け入れも、考えていかなければと、歯がゆい感じがしました。

何時、自分たちの住んでいるところでも、災害が起きないともいえないので、県や、市町村での、役割分担などの、訓練も必要では、、、と考えます。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
地震の爪あとの大きさに、ただただ言葉に言い表せない思いは、ラジオや、テレビを見るたびに、胸が痛みます。

山に囲まれた秋田県大館市は盆地で、比較的に地盤がしっかりしていると思われていましたが、このたびの震度は4でしたが、大揺れに揺れて、停電はするし、水道は止まるし、電気で石油ストーブが動いていたのが、消えてしまうし、オール電化を拒否してガスレンジにしていたガスも電気が無いと火がつかないという不便さに、近代生活は、電気によって支えられてきたことを、思い知らされました。

昔の反射ストーブを出して、暖を取ったものの、明かりは懐中電灯、電池の買い置きが無く、ろうそくの明かりでの、食事に、昔の暮らしを思い出しながら、8時には布団の中にもぐって不安の一夜でした。

次の日テレビに写し出される地獄絵を見て、胸が痛みました。

つぎつぎとボランテァに来てくれた、外国の人たちや、いち早く支援を申し出てくれた台湾政府、やっぱり世界は一つ、世界の人たち皆で住みよい地球になるよう、今私達が出来る些細な支援と、皆で環境汚染をしないことを心したいものです。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
新着コメント
コメント
カテゴリー
コメント一覧
プロフィール
POWERED BY
RSS
コンテンツ内検索

  PAGETOP  BACK>