<< April/2008
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>
女性の永遠のテーマ”美”

加齢と共に気になりだす肌の乾燥、シミ、くすみ、その悩みをゲルクリームで解決して素肌美人になりましょう。

80パーセントが水と20パーセントの海草、植物エキスという100パーセント天然素材です。使用されている水は美容の為に、より良く作用するように処理された「生体エネルギー水」

鉱物湯、アルコール,界面活性剤、香料一切不使用、成分にこだわったクリームだから家族全員で使用できます。

面倒くさい、忙しくて時間がないと言う方、化粧品は高くてと感じている方、化粧水、美容液、乳液の作用のあるゲルクリームをつかってみませんか?

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
温暖化でしょうか?何時になくなく早く咲いた桜が天気に恵まれて、早々とピンク色が白くなり東京の桜色でのようで空気が汚れているのかと気がかりなのは私だけでしょうか?、、、、、、、、。

連休前に桜が散りはじめていますが、あちこちの庭先に色とりどりの花が道行く人々を心穏やかにしてくれて、野も山も一年で最も美しい季節、、、、、、、、、、、、、、、、、

俳句の先生をしていらっしゃるM様がいらして、蕗の薹のお話になり即興で3句いただきました。

蕗の薹 薄ごろもして 膳の上

蕗味噌の いろはにほへと ほろ苦し

蕗味噌や ふつふつとわく 父の顔

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
毎年冬の間お休みしている十和田プリンスホテルで,今季のオープン日4月18日午後6時よりシャンソンディナーショウがありました。シンガーは弘前在住の 秋田 漣さん。

シェフ特製のスペシャルディナーを堪能した後のステージは,ほとんどが”昔の若い人”と言う観客の耳と心を虜にしてしまいました。

生まれてから一度も弘前を出たことがなく地元にいて独学でシャンソンをマスターし、すでに歌手歴40年と言う彼女の歌への情熱、故郷弘前を思う心、そして時折津軽弁での語りは、熟年世代に改たに夢を与えてくれたような気がします。

現実を忘れて陶酔できた時間でした。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
芥川賞受賞作家城山三郎先生の「そうだ,もう君はいないのだ」をやっとの思いで読み上げました。幼い頃から色々な人との別れに涙もろく、落ち込みやすい性格がいやで、悲しみや悔し涙とは、決別しようと選んだ仕事が美容師。

美容師になってビューティコンテストを見たとき、優勝者が大きなトロフィを手に感動の涙を見たときから「そうだ、大人になるということは、嬉涙をながせるように努力することなんだと、、、、、、、、、、、、。

仕事を通しての先輩、同僚、スタッフなど、自分以外に人の成長を喜べるのも、友人知人の喜びごとに拍手を贈れるのも人間としての成長過程なのですね。

伴侶との出会いは色々でも、お付き合いしていく中で、自分が不足しているところを、補ってくれる人にめぐり逢える人は幸せで、一つ一つの積み重ねが、年輪となり、かけがえのない人になっていくものですね。

夫婦のあり方を教えられました。結婚しない人たちにもぜひお薦めしたい本です。


[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
昨日から桜の蕾がかすかにピンク色に見えて今か今かと待ちましたが今日の朝から少しづつ膨らんだ蕾がお昼ごろから2分3分咲きになり道行く人に語りかけ道端には、水仙の黄色がまぶしいくらい素敵です。

明るい話題が少ないこのごろですが、きっと今年は花見客を大勢呼んでくれる事でしょう。私共のボランティア団体の大館中央ロータリークラブでは長木川白鳥広場で4月26日から4月29日まで第2回スーパージャンボ迷路を開催いたします。

アイデアいっぱいのイベントですのでガソリンのことを考えず、地元の河川敷きでふるさとの空気を満喫していただきたいものです、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。 








[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
新着コメント
コメント
カテゴリー
コメント一覧
プロフィール
POWERED BY
RSS
コンテンツ内検索

  PAGETOP  BACK>