<< December/2007
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>
本日30日、桂城店の御用納めです。

終日までご来店戴いたお客様、お友達、ご親戚の皆様に支えられて、無事に大晦日を迎えることができます。本当にありがたいことです。

来年も私どもミネグループを応援いただけますように、スタッフ一同努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
アメリカの絵本画家、ターシャの絵本から学ぶことは沢山あります。

庭造り、物作り、家族や動物との触れ合いなど自分の日常生活を絵本にしたもので世界各国でベストセラーになっているとのこと。

肖像画家だったお母さんから

「絵を描くというのは写真を写し取るのではなく一瞬一瞬を目に焼き付けて描くのよ。それによって目が鍛えられ、動きの早い動作も描けるようになるのよ」

という教えをもとに描かれている絵本です。

64歳の長男が言うには

「母は決して器用でもなく、天才でもない。何事にもコツコツ努力し、必ずやり遂げるという努力家です。小さな事にも好奇心を持ち創造をめぐらすことを私達子供に教えてくれました。」

と、、、、、、。

「庭は一夜にしてならない。12年かけて要約できるもの。

ガーデニングは人生そのもの、人生は短い、やりたいことをやりなさい。

庭でも作品でも完成度を求めるのではなく、思いを込め思いのままつくるのよ。

編み物やパッチワーク等は作る時の思い、渡す時の気持など相手のことを思って過ごす時間なのよ。」

とターシャは云う。

何気ない日々の生活の中で、人や物に対する やさしさ、思いが親から子へ 子から孫へと受け継がれていくんですね。

テレビ見て 日々の忙しさを忘れ穏やかな気持になれた時間でした。









[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
女性 デンマークのA婦人

 1 どのような時でも正直であれ,神 自分 家族 友人に対して正直であれ。

 2 自分を尊び 自分の生活に責任を持って同時に他人も尊びなさい。

 3 会話を大切にしましょう。なんでも話すように。

 働く母親として愛情の記憶を残してあげられるように努めてきました。


女性メキシコのB婦人

 1 愛を与えれば必ず自分に戻ってきます。人を愛しなさい。

 2 人に感謝しない子は悪い子です。

 3 何時でも味方だし、あなたを支えるから嘘はつかないでね。

 愛は何時でも 家の中にあります。家族の愛が何よりの宝です。 

 女性バーレン王国のC婦人

 1 人を尊敬すること。決して相手を傷つけてはいけません。

 2 全ての物事には限度がある。時間、お金、部屋の管理など自分で責任を持つこと。

 3 自分に自信をもつこと。

 どんなプロでも お金のために働いているなら、いいプロにはなれない

 女性アルジェリアのD婦人

 1 人に左右されてはいけない。

 2 親友に勉強させるのも あなたの仕事。

 3 人生で成功したいなら、勉強しなさい。

 息子は何でも私にはなします。 ほんの些細な悩み事でもすべて、、、、、、

世界は一つ、どこの国でも、子供の成長を見守る母の熱き想いはおなじですね。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
新しい年がすぐそこまで、、、、、。

年輪を重ねておもうことは、進化は肌の変化と共に、大人になって失われていくものと だからこそ大人になるにつれて日々尊さを増していくものがあります。

それには少女の頃の清潔感を取り戻すためにも、目指すは無垢肌。

表皮の洗顔をまめにして、大人の清潔感を手にしたら、水分保持の化粧水、栄養補給の乳液、酸素補給と保護再生をうながす栄養エッセンスは必要不可欠です。

お肌のデリケートな人にも安心化粧品は医薬部外品にあります。

お気軽にご相談くださいね。


[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
うし 気の合う仲間と、隣町のしゃれたレストランで ミニミニ忘年会がありました。

綺麗なお皿に美味しそうに盛り付けられたお料理に舌鼓を打ったあとの話題はお料理の原材料のことに、、、。

偶然にも前日の夜 テレビで 市販のお弁当材料の”出身国”をみていたので私は興味津々。

お米はアメリカ 梅干・ほうれん草・赤いウィンナーソーセージは中国、その他いりゴマや、塩しゃけまでも外国籍、まるごと外国をたべているんですね。

(惣菜や弁当には産地表示義務がないものもあるそうで、、、、。)

後継者が居なくなり、休耕になっている田んぼや畑、、、もったいないですね。

若い人が愉しみながら農業が出来る方法は 何か ないんでしょうか??

流行語にもなった宮崎県知事の「どげんかせにゃいけん」ではないけれど自分達の住む自然環境に恵まれた、秋田県を大館をどうにかしないと、など女だてらにスケールの大きい話になり少人数の食事会が大いに盛り上がった夜でした。

お弁当は頑張って手作りしたいですね、地産の材料で!!






[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
新着コメント
コメント
カテゴリー
コメント一覧
プロフィール
POWERED BY
RSS
コンテンツ内検索

  PAGETOP  BACK>