<< November/2007
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>
いつも元気で若々しい人はいつもキラキラと魅力的。

その若さを保つ秘訣は?

①朝起きたらストレッチ、しなやかな身体と正しい呼吸。

②バランスの良い食事を心がけ

③その日の疲れはその日の内に解消、バスタイムにはからだを温め血行促進、シャワーを浴びながらリラクゼーション

④階段はつま先立ちで、、、、。

⑤好奇心を忘れないこと。

興味を持ったら、まずチャレンジ、好奇心は心の若々しさの基

美容と健康は裏と表、どちらが欠けても本当に美しい女性にはなれません

若さは努力あるのみのようですね、、、、、、、、、。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
急に寒くなって風邪をひいている人が増えています。
 
風邪をひかぬためには,三食をきちんと摂ること。

中国の人達は食事にはしっかりと時間をかけて食べているのに太っている人は見かけませんね。

その理由を尋ねると一にウーロン茶を飲むことは皆さんもご存知ですね。

それと、

朝食は栄養のあるものを摂ること

昼食は好きなものをたっぷりと

夜食は消化しやすいものを食しているそうです。

いつでも、どこでも、食べ物の豊富な日本人が意外と食道、胃、腸の病に犯されている人の多いのにも、気働きが必要のようですね。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
来春高校、大学を卒業見込みの皆さん就職内定はいただけたでしょうか? 

先日東京の美容大学を卒業見込みの方が成績通知表を持って面接に来店しました。

髪は長髪で赤毛、化粧が得意と云う人はテレビのビュウティコロシアムに出て来る人のようにばっちり壁を塗り、眉は個性的に太めに8時15分に描かれていて、アイラインは上下くっきり黒く書かれていて瞳が見えない状態で一見して舞台化粧かな?と見間違えてしまいました。

「面接なので、気合を入れすぎたのよ」と本店店長の言葉・・・・・・・、社会人の仲間入りするには、人と人の出会いで始まる、サービス業では第一印象が大切です。

色んな人を美しくしてあげる仕事の美容師は清潔美、健康美、知性美(知りりたい、覚えたい、研鑽する)と、笑顔美人で
あってほしいものです。

サービス業の基本は人気商売です。

色んな分野で活躍している人は出会うすべての人から、感性や技術、人に好かれるには?と云うことを学び取っていく心遣いが必要かと思います。
 
都会の美容大学を選ばれたのなら、都会で3年は修行してみてはいかがかしら?

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
落ち込んだときに、乗り越えるために心掛けることは「落ち込み難い性格」「楽天的な性格をつくることも大切です。
 
体力も気力もバランスのとれた食生活から生まれます。

悶々とした気持になっても、体力気力があれば「がんばろう」と云う力が湧いてきて、明るく乗り越えられるはずです。

まごはやさしい  豆類 ゴマ ワカメ海藻類 野菜 魚 しいたけ イモ類を毎日のように栄養のバランスよく摂ることが基本です。

忙しく働いていると 自分が幸せであることを忘れがちです。

眠る家があるということ、元気に生きているということ、美味しいものを食べられること、世界には それを満たせず辛い思いをしている人も、大勢いるというのに私達は日常の生活に感謝することを忘れて ちょっとしたことで落ち込んだりしているのではないでしょうか?、、、

幸せに感謝すること。

日頃から自分の身の回りに起こった幸せに敏感になれるように心がどんな時でも前向きになれるようにトレーニングを積んではいかがでしょうか..
 






[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
人を惹きつける魅力って何でしょう。

顔の造形、姿かたち?

誰がみても素敵と感じるのは「元気な顔」なんです。

それには心が元気でなければ、、、、、。

心と顔はつながっているのです。

生き生きと若々しく歳を重ねると、それが自信となり、魅力がオーラのように顔に表れるのです。

数多くの方々に出会い、ヘアーメイクなどを担当して来た経験から元気のないとき程、プロのマッサージとメイクで元気なお顔になって欲しいものです。

貴方のの笑顔と元気で回りの人達にも幸せを分けて上げてましょう。

[ オシゴトブログ ] comments (0) trackback (0)
新着コメント
コメント
カテゴリー
コメント一覧
プロフィール
POWERED BY
RSS
コンテンツ内検索

  PAGETOP  BACK>